ローン 払えなくなった どうすればいい

MENU

ローンが払えなくなったらどうすればいい?

大金が必要な買い物にはローンを利用することになります。
住宅ローンや自動車ローン、カードローンを利用する機会も多くなったでしょう。

 

生活する上で非常に便利な仕組みですが、もしローンの支払いが出来なくなってしまったらどうすれば良いでしょうか?
これはとても難しい問題で、対応を間違えば状況がさらに悪化してしまいます。
購入した物が差し押さえを受ける恐れすら出て来るので、もたもたしている暇はありません。

 

まず、一時的にローンが支払えない場合は以下の対処をしてみましょう。
一時的にとは、給料を貰ったりボーナスが支給されたりすれば、問題なくローンを支払える場合です。
お金が手元に来るまで一時的にローンが支払えない状況なら、ローン会社へ支払いを待ってもらえないか交渉するのが良いでしょう。
1ヶ月や2ヶ月程度の遅れであれば許容してくれることがほとんどです。
ただし、遅延損害金が発生するケースもあるので、どのようなリスクがあるかは事前に聞いておくようにしてください。

 

次は、今後長期に渡って支払いが難しくなっているケースです。
リストラや病気等で失業状態になっている場合は、そもそもローンの返済どころではありません。
こうしたケースでは、近い将来に賠償責任が生じたり、購入した物の差し押さえが執行されるかもしれないのです。
住宅ローンが滞れば、催促の電話や通知後に立ち退きが勧告されるでしょう。
自動車ローンであれば、車が没収されてしまいます。

 

長期的に返済が困難な場合は、借り換えやおまとめローンの利用を検討しましょう。
借り換えとは、現在のローン会社とは別の場所からお金を借りることです。
その際、今のローンは全額返済した上で、新しいローンを契約します。
この時に返済期間を長くすることで、毎月の返済を軽くすることが出来ます。
他にも金利が低いローン契約にすれば、最終的に支払う金額も減額が可能です。
おまとめローンも毎月の返済を減らす効果が期待出来ますが、こちらは最終的に支払う利息が増えてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

では、ローンの返済がまったく出来ないぐらい経済的に困窮した場合はどうすれば良いでしょうか?
残念ですが、こうした場合は自己破産を検討することになります。
住宅ローンであれば、購入している自宅を売却しローンの返済に当てましょう。ローンを帳消しに出来れば、残ったお金が新しい生活が始められます。
しかし、売却後もローンが残るようなら自己破産してしまうのが最適です。
自己破産は弁護士が担当する手続きなので、無料相談等で話を聞いてみましょう。

ローンを滞納しすぎるとどうなる?

ローンが支払えずに滞納してしまうこともあるでしょう。
そんな状態が続くと、必ず痛い仕打ちを受けることになってしまいます。

 

ローンを滞納すると、下記のような手順で対応が行われます。
まず、電話やハガキなどで支払いが滞っています、と連絡が来ます。
人間ですからミスもあります。払い忘れなどをしてしまうこともあるので、いきなり差し押さえ等が行われる心配はありません。
そこで、最初は優しく注意してくれるでしょう。
ちなみに、連絡が取れなかったとしても職場に電話が行くことは無いので安心してください。
この段階で支払いを行えば、特に問題なく済むでしょう。

 

次に、電話やハガキの催促に1ヶ月以上応じなかった場合です。
こうなるとローン会社の担当者が自宅へ訪ねて来ることになります。
そこで返済期日を過ぎているので滞納しているお金を支払って欲しいと交渉されます。
ポイントとして金額の大小に関わらず自宅訪問されると言う点です。
少額だから大丈夫と考えるのは間違いなのです。

 

自宅訪問される時点で、かなり焦らなければいけない状況でしょう。
担当者と面会すれば、経済状況やいつ頃に支払いに応じられるか確認されます。
ローンの種類や金額にもよりますが、毎月の支払い金額を減額してくれる担当者も居ます。
その際には、誓約書や返済計画書を書くことになります。
誓約書に記載した日付までに返済することを約束したり、今後どのような返済を実行するかをまとめたりします。
ただし、このような優しい対応は稀です。
返済が滞っており、今後の返済が難しいような状況だと、裁判に発展する可能性があるのです。

 

上記で交わされた誓約書や返済計画書の内容が守られないと、裁判所へ訴えられてしまうでしょう。
訴えられると、給料の強制的な差し押さえなどが行われます。
法的に認められた行為なので、止める手段は無いでしょう。
ですが、給料が全額奪われる訳ではありません。給料の25%までと決まっているので、一文無しにはなりません。
また、別の手段として差し押さえがあります。
住宅ローンの返済が滞っているなら、自宅を売却することになるでしょう。
車も差し押さえられて売却されてしまいます。
一般的なカードローンであれば、差し押さえする物品が無いので給料の差し押さえが一般的となります。

 

ローンを滞納すると、必ず良くない方向へ進んでしまいます。
滞納してしまった段階で、債務整理や借り換えなどを検討する方が良いでしょう。
債務整理なら弁護士へ、借り換えなら銀行などへ相談してみてください。